トラベラーズノートは書きたくなるおしゃれなノート~4ヶ月使用レポート~

こんにちは!あっくん( @COCKPIT__DESIGN )です!

トラベラーズノートを紹介した夏の記事から4ヶ月が経ちました。ですので私なりの使用レポートをお送りします!

ここが気に入った!
見ていても気持ちいい!書いていても気持ちいい!

良かった点
・色んな人から「おしゃれ!」と言ってもらえる!
・紙が綺麗で書いていて気持ちよくて見やすい!

いまいちポイント
・毎回ゴムバンドが切れないか不安になる…
・隙間にごみが入ってくる…
・ノートとしては持ち歩きづらい

復習!

まずは見た目から。4ヶ月経ちましたが,本体には結構が出てきています。きれいに保ちたい方もいらっしゃると思いますが,私は自分色に染まっているみたいで結構気に入っています。革はまだまだ元気です。ヘタリもなくしっかりした硬さがあります。これはまだまだ経過観察が必要だと思います。

色んな人から「おしゃれ!」と言ってもらえる!

このノートおしゃれ!」とよく言われます。多分,革ノート・手帳文化が同年代に馴染んでいない(→上世代のもの)のでおしゃれというワードになったことも考えられます。
まず目に入る牛革のカバーは普段目にかかれない感じ「非日常感」が特別感を与えてくれています。こげ茶色の「渋さ」と使っているうちに着いた傷の「渋さ」が共鳴して満足度が一層アップします。この色にしてよかったなと思いますし,これを一番おすすめします!

紙が綺麗で書いていて気持ちよくて見やすい!

開けてみましょう!まずは純正紙から。以前もきれいな白だとお伝えしていましたが,おかげで書いていて黒ペンとのコントラストがとっても気持ちいいです!書き心地はつるつるよりのサラサラでよく滑るなと言う印象ですが,私にとっては書きやすいなという感覚です。ここで一番感動したのは蛍光ペンで書いたときですね。パステルカラーの蛍光ペンで書くとまさしく「感動モノ」です(笑)暖かくなる色味で,見ていてほっこりします!こういうなめらかな紙には水性ペンもおすすめですね!サラサラっと書けて気持ちがいいですよ!私はまだ手元にないですが万年筆もいいかもしれませんね!

毎回ゴムバンドが切れないか不安になる…

続いてゴムバンドについてですが,切れないか毎回ヒヤヒヤします。あまり伸びるゴムではない(少なくともノートを簡単に開けられる程の伸びはない)ので,切れる,逆に伸びきらないか不安になります。しかしながら,おかげで隙間ができたり,ゴムが伸びて何かとゴムが引っかかるということがないのでそれはありがたいですね。これはしっかりと作られているとは言えると思います。

隙間にごみが入ってくる…

続いて隙間のゴミ問題ですが,上から見ると分かるんですが結構隙間が空いちゃうのでそこからごみが入ってくるんですよね。それで少しページにシミができてしまいました…
バンドでノートをまとめる方式なので仕方ないと思います。バンドを細くするとちぎれてしまいますし,現状この方式だと解決策はないと思います。

ノートとしては持ち歩きづらい

普通のノートにしてはやはり大きめです。カバーが革製なので重たいし分厚いので持ち歩くのをためらう時があります。この類は持ち歩いてなんぼなので少しでも軽くと思うなら覚悟が必要です。

ぼく
私のカバンが汚いのが悪いに一票。

まとめ

ノートは大学ノート!の私でしたが,新たな世界に一歩踏み出してみると,「なにか書くことはないかな?」と辺りを観察するようになり一日が充実するようになりました。そこから本当に買ってよかったなって思います。新しいものに手をだすと新しい1日が見えてきてワクワクします。その出会いを求めるのが私の楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内に住む21歳の学生。 目の前(コクピット)にあるアイテムにこだわりを持ち 毎日をワクワクにするスパイスを共有する 当ホームページ 「COCKPIT」 を運営しています。