2010年代最後に買ってよかったものはなんとなくパソコンを持ち歩いてる人に最強な相棒でした

確かこの前まで2015年だった気がします、タイムスリップしてきました。こんにちは、(@COCKPIT__DESIGN)です。1年はあっという間とかいいますけど、誰かが私をタイムスリップさせてきたに決まってます。向こうのペースに振り回されるのは悔しいので、唐突に今年1番買ってよかったものを紹介したいと思います。

iPad Pro 11インチ

導入の背景〜初めてのタブレットはAmazonの安いタブレット〜

今までタブレットはFireタブレットのみで、これはあまり定着しませんでした。理由としては、Androidアプリが使えないので対応アプリが少なすぎるという点です。結局はAmazonコンテンツ専用機となるのですが、私が使用しているアプリの割合として、それほどAmazonに依存していないのであまり使い道がありませんでした。

しかし、iPad Proを導入してからsurfaceをほとんど使わなくなるほど、私のパソコン生活がガラリと変わりました。

脱Amazonタブをしてよかったこと

まずは対応アプリが多いことです。Fireタブレットと違い、OfficeアプリやAdobeアプリが入っているのでスマホよりもかなり編集しやすくなりました。大画面のスマホってだけでも作業がかなり効率良くなります。

そして、とにかく軽い。Surfaceが重く感じるくらい重量が軽いです。教科書が重い学生にとって、これだけでもかなり変わります。

この人はこのタブレットを買おう

私がPCを持ち歩く1番の理由が「大きい画面とキーボードが欲しい」なのです。同じ理由の人は学生を主に結構いると思います。Wordで作業したり、なにかのサイトを開けるのに、大画面やキーボードや欲しいから「なんとなく」PCを持ち歩いてるという方は、是非導入をおすすめします。iPadなら軽いし、大画面やキーボードも用意できます。なんとなくなら、多少できないことがあっても、自宅で続きをすればいいだけなので必要十分です。

iPad Pro 11インチでよかったこと

今までの話はAndroidタブレットでも言える話です。それでもなおiPad Proがよかったことを紹介したいと思います。

iPadならiPhoneとのAirDrop接続が抜群に使いやすい!

Apple製品はApple製品同士でのリンクがものすごく強いです。ビックリするくらい。私は、電車の中とかどこでもiPadが使いたかったのでセルラーモデル(SIMが刺さるモデル)を契約したのですが、iPadは私のiPhoneを見つけるとそこからすぐにテザリングを始めます。テザリングすらめんどくさいと感じていた私でもあっという間に接続が終わるiPadに向かって「セルラーもでるじゃなくてよかったやん!」と叫んでしまったほどです。

次にAirDropです。AirDropなんか何に使うんかと今までOFFにしていたのですが、たまたまiPadで見ていた写真をスマホでみたいなと思ったのでAirDropを使ってみたのですが、あっという間にスマホに送られてきて、今までDropboxで仲介を挟んでいたのに比べればかなり速くなりました。私がよく使うのは、カメラ性能がいいiPhoneで写真を撮って、AirDropでiPadで確認、編集するという方法です。

iPad Proのペンで板書ができるし格安で液タブを導入できる

iPad Proやペン対応のタブレットでは、何かに直接書き込むことができます。ノートアプリに書き込んだり写真に書き込んだり。それは他のタブレットや、surfaceでも行うことができます。しかし、iPadでしかできないことは、質の高いiOSアプリで書き込むことができるという点です。お絵かきアプリ「アイビスペイント」はWindowsのノートPCではできません。「good note5」はiPadでしかできません。App Storeの膨大なアプリ資産でペンが使えるのが大きいのです。

iPad専用ペンの、Apple Pencilでは独自のプログラムが組み込まれていて、スクショなどもペン1本で行うことができます。あと、iPhoneで撮った写真をAirDropで読み込んで、ペンで書き込むことができます。私がブログやTwitterでしているテクニックです。かわいいでしょ?

iPad Pro 11のデザインはタブレットの完成形

まさしく無駄のないミニマルデザイン。みていてうっとりします。作業で目に入るもの、カバンに入れるものとしてデザインにこだわるのは重要です。アルミの削り出しデザインで手触りも良く、手で持っているだけでかっこいいアクセサリーですね。

まとめ

2019年は色々な買い物をしてきましたが、今年1番身の回りの生活で変ったのはiPad Proでした。大学に毎日持ち歩いて授業ノートを取ったり、空いてる時間に執筆したり、surfaceでしていたことをほとんど置き換えてしまいました。そのうえ、iOSアプリが大画面で使えるので家計簿とかもすごくやりやすくなりました。

Windowsのsurfaceよりも重量もソフトも軽くなり、作業効率もかなり上がり大満足!

みなさま、良いお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内に住む21歳の学生。 目の前(コクピット)にあるアイテムにこだわりを持ち 毎日をワクワクにするスパイスを共有する 当ホームページ 「COCKPIT」 を運営しています。