私のコクピットの風景その1【柴又】

私が紹介するのは目の前のもの,つまりは「コクピット」なのですが,そこから見える風景として旅の風景を紹介したいと思います。

 

だいぶ昔になりますが,去年の冬のはじめに,久しぶりに余裕ができたので,近所の柴又に遊びに行ってきました。

 

通学で使う京成高砂駅からたった一駅。待っている時間のほうが長い(笑)

京成柴又駅で踏切待ち。この低い角度で電車を見るのは都会ではなかなか見ないですね。おじいちゃん電車がのんびり余生を送っています。

柴又駅の駅舎を逆光で撮ってみました。自動補正に任せてみましたが,これもありですね。

寅さんがお出迎えしてくれました。ちなみに,カメラを買う前なので写真はすべてiPhoneです。

通りに入るときれいな花が沢山飾られています。赤や緑などきれいな色は撮っていて気持ちがいいですね。

美味しい匂いが漂ってきました。焼団子の醤油の匂いが香ばしいです。

柴又帝釈天に着きました。昔ながらの緑色に和みます。

アルバイト募集中だって!金欠の友達に勧めてみよう。

中はもちろん撮影禁止で写真は取れなかったけど,縁側がかなり広く干支と思わしき動物が彫られていました。

帰りにいい匂いの元凶を買いました!熱々のできたてで醤油がとても香ばしかったです。

柴又駅に見送られながら柴又を後にしました。

懐かしい京成の昔ながらの駅標。雰囲気にマッチしていて和みます。

ぼく
昔,雰囲気を「ふいんき」だったと思っていませんでしたか?(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内に住む21歳の学生。 目の前(コクピット)にあるアイテムにこだわりを持ち 毎日をワクワクにするスパイスを共有する 当ホームページ 「COCKPIT」 を運営しています。