【迷っている人必見】AirPods Pro買ったけどもう売って手元にない理由

こんにちは。

先日,AppleからAirpods Proが発売されましたね。いろいろなサイトが取り上げていましたが,どのサイトも絶賛の嵐でしたので私も早速購入したのですが,私はすぐに売却してしまいました。私が売却してしまった唯一の理由についてご説明いたします。

操作性はノンストレス!しかしそれ以上にストレスが…

使いやすさは本当に素晴らしかったです。蓋を開けただけでiPhoneとペアリングしてくれるし,ものすごく小さくて軽い。iPhoneで手軽に音楽を聴くのであれば令和(元年)最強モデルです。ほんとに操作面ではノンストレスでした!

しかし,それ以上に私にとって音質がストレスになったのです。全体的に音が平べったく空間というものがなく臨場感が出ないのです。

AirPods Proは密閉性があまりないので,音が逃げていき「音漏れ?もっとベース聴きたいのにな」という感覚に陥り,空間に包まれるどころかその空間が漏れていく感覚すらあります。

多くの人が気づかないわけ

しかしながらそのような意見は少なく,「音質もサイコー!」というレビューが目立ちます。

理由は2つあります。

まずは,気づきにくい程の誤差であること。

私は趣味でシンセサイザー(楽器)をしているので普段からこれはなんの音源だろうかと聴き入ることが多いので自然と機会が増えます。また,中学時代は合唱部に所属していたので音に触れる時間も長く,他人よりは耳が良くなる環境だったということもあります。ですので,イヤホンの機種ごとに音の違いが感じ取れたり目隠しでもそれなりに当てることができます。そんな私は,聴いた瞬間にん?となるくらい薄っぺらいな,という印象というよりショックを受けました。

もう一つは更に音質がいいイヤホンを知っていたという点です。

私の今までのメインはゼンハイザーのMOMENTUM True Wirelessです。AirPods Proよりも音質はかなり良く,使い続けるうちにそれが当たり前のように感じてAirPods Proの音ではストレスが溜まるようになっていました。慣れって怖いよね。

じゃあAirPods Proは失敗作だったのか?

それは間違いなく否です。ちなみに,私は音質ヲタクでない人にどのイヤホンがいいか聞かれたら,絶対AirPods Proを勧めます。MOMENTUMの方が音質が段違いに良くてもAirPods Proを勧めます。

理由は,MOMENTUMは音質のアドバンテージを得るために利便性をかなり犠牲にしているからです。

操作性はかなわない

AirPodsを使って一番驚いたのは,iPhoneとの連携ですね。私は,手癖でイヤホンケースのフタをパカパカさせてしまうのですが,そのたびに充電残量が表示されてしまうほど,ものすごい速度で高性能な連携をするのに驚きました。私の好きなイヤホンたちがここまで連携してくれたら文句なしですね。

サイズの大きさ

AirPods Proは装着感を感じないほどコンパクトで良くできていると思いました。装着感を感じるのはいわゆる「うどん」の部分のみで,気にしなければ「イヤホンをしているぞ!」という感覚はあまり起きませんでした。私は,AirPods Proの音質で苦言を出しましたが,音質というのはある程度ボディの大きさ(中に入っているドライバ)に比例します。コンパクトが売りなAirPods Proに必要以上に音質を求めるのは酷だと思いますし,多数の方は納得してサイズを優先すると思います。

まとめ ミニバンとスポーツカー

まとめると,私は走るのが好きだから使いやすいミニバンよりもスポーツカーのほうが性にあっとるわ!というお話でした。

もちろん,車好きではない方をスポーツカーに乗せても,使いづらいなという結論になるでしょう。ただ,車好きがもしミニバンもいいかなぁって思っていたら,「お前はもうスポーツカーからは逃れられないぞ」と伝えるためにこの記事を書きました。使いづらいというストレスより音質がイマイチな方が辛いんですよね。なので私はAirPods Proを売却しました。聴き比べもしたので次回レビューしますね。

後悔はしていない。満足はしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

都内に住む21歳の学生。 目の前(コクピット)にあるアイテムにこだわりを持ち 毎日をワクワクにするスパイスを共有する 当ホームページ 「COCKPIT」 を運営しています。